簡単に改善できる早漏防止サイト


早漏の心理状態

女性からのちょっとした愛撫によって、射精に至ってしまう男性は、一般的に早漏と呼ばれています。その状態は特別悪いものではなく、あくまで個人の身体的な特徴で、素早く性行為を終える事が出来るといったメリットもあります。

でも、そうして自分が早漏だとか「早いんじゃないか・・・」と思うとそれに関して悩むようになります。それに、比較的若い男性に多い精神的な要因が主で、現代社会では性に対する情報が広く浸透しているというか氾濫し過ぎている状態で、情報に惑わされた理想的な性行為を追求し、早漏気味程度でも深刻な早漏だと思い込み、さらに早漏をいっそう強くしてしまうのです。

セックスに対する劣等感や不安、恐怖を抱いている場合、初めてのセックスが不完全で終わってしまったりした人などの場合などにも起こりやすいことなのです。一度早漏になってしまうと、そのときのことが頭からはなれずに、セックスの度ごとに極度の緊張を起こしてしまい、再び「早い」射精になってしまう事が多いようです。いわゆる早漏が早漏を促進してますます早漏になるという悪循環に陥るケースが多いようです。

早漏の男性とはあまり性行為をしたくないという意見もあり、現実的には射精が早過ぎる事は、良い個性として認められていません。加えて射精が早いと排出される精液の量も自然と少なくなり、妊娠活動が失敗しやすくなる、といった声も軽視出来ません。少子高齢化の遠因が男性のアプローチや早漏にあるという意見もあり、出来れば旦那や彼氏のそれを治したいと感じる、世の女性も多いようです。

射精が極端に早い状態が起きる原因としては、一般的に心理的なものがあると言われています。どうしても性行為の経験が無い男性は、挿入を焦ってしまう傾向があり、女性の秘部に素早く入れようと慌ててしまうケースが珍しくありません。どうしても男性サイドの心理に緊張が走ったままでは、男性器が無駄に固まってしまい、射精が極端に早くなります。

最初の数回の間は、それでも問題ナシかもしれません。しかし毎回毎回、挿入の時間が一分以下では女性から、愛想を尽かされるリスクが高まります。一般的な成人男性は、射精の感覚を受けても、それを柔軟に制御する事ができ、性行為時の運動を続ける事が出来ます。数回の出し入れで、男性側が勝手に射精してしまっては、女性が満足感を得る暇がありません。

緊張感を緩和しようと自分で努力しても、限界があるのも事実です。必要であれば、専用のサプリメントや栄養補助食品、医薬品などといった、サポートアイテムを使うのも、効果的な戦略でしょう。


PAGETOP
Copyright (C) 2016-2017 簡単に改善できる早漏防止サイト.All Rights Reserved. | sitemap | 相互リンク